好きな機種が家で打ちたい夢がかなう!中古スロットの魅力

私はパチスロが大好きです。どれくらい好きかというと、もはやお金のやり取りではない。

こんなところでこんなことをしてくるか!猛烈な光と音のセンセーショナルアタックは、私をものすごく恍惚とベータアンドロフィン、リジン、とさしづめ鷲頭なのではないだろうかと思ってしまうほど、脳内物質が駆け巡る!皆さんもたくさんのスロットを打ってきて、自分にとっての奇跡の一台に出会ったことはないだろうか。

もうこれはお金ではなくて、スロットの演出、音楽、出玉すべておいて、自分にとって最高の機種、とにかくずっと打っていてもいいようなそんな一台。
正直5号機になってからというもの、勝ち負けはそこまで期待できるものではなくなった、しかしエウレカセブンが出てきたあたりから、ART主体になり出玉も少しは期待できるようになってきて、新鬼武者、緑ドンなど非常に私の気持ちをつかんではなさない時代になってきたのである。

しかしこの業界も、次から次へと新台をだしていくので、自分がお気に入りだと思っていても、時代とともに撤去してしまう。すごく有名な機種であれば、それこそスマートフォンのアプリにもなって手軽に楽しめる時代になってきてはいる、しかしやっぱり私ほどのスロキチになるとレバーを入れてストップボタンを押すという動作・感触を求めてしまうのである。
そこで、どうするかと考えると、中古スロット販売業者というものが世の中にあるのにはいきつく、そうするとあれあれ、スロットを打ちに行くとこのくらい負けてしまう事もしばしばじゃあないか?というような値段で売られているものも多くあるではないか。

一度お店に行くのを我慢するだけで、自分の奇跡の一台が家にずっと置いておけるのである。こんな夢みたいなことありますか?
自分は早速「デビルマン2」を購入しました。音楽が半端なく好きなんですよ。あのボーナス中のART確定したときの感覚が何とも言えません。これから打ちまくりたいと思います。

色々調べたけれど中古スロットは、ここのお店が一番安かったです。もちろんギャンブルとしてのスロットも大好きだけど、大好きな一台を夜に自分の部屋で酒と一緒に打つというのも乙なものである。